COLUMN

ビアンとは?意味は?よく使われるレズビアンの専門用語についても解説。

LGBTの「L」にあたるセクシュアリティが、レズビアンです。 

このレズビアンのことを「ビアン」と呼ぶことがあり、またさまざまな専門用語も存在していることをご存知でしょうか。 

ここでは、ビアンの意味やよく使われるレズビアンの専門用語について解説していきたいと思います。 

LGBTとレズビアン 

冒頭でお伝えした通り、レズビアンはLGBT“L”に当たるセクシュアリティです。 

レズビアンはもちろん、ビアンについて理解する上でLGBTについて知っておく必要があるでしょう。 

ここでは、まずLGBTについて考えてみたいと思います。 

LGBTとは? 

LGBTとは、レズビアンをふくむ4つのセクシュアリティの頭文字から構成されている言葉です。 

★レズビアン(Lesbian) 

★ゲイ(Gay) 

★バイセクシュアル(Bisexual) 

★トランスジェンダー(Transgender) 

これら4つのセクシュアリティで構成されているLGBTは、セクシュアルマイノリティの総称といわれていますが、もちろんこれら以外にもさまざまなセクシュアリティがあります。 

レズビアンは比較的認知度が高いセクシュアリティですが、数あるセクシュアリティの中のひとつであることを忘れないようにしましょう。 

レズビアンについて 

LGBTが理解できた上で、まずレズビアンとは何かについておさらいしていきましょう。 

性自認と性的指向 

レズビアンを知る上で知っておきたいのが、「セクシュアリティを決める要素」です。 

セクシュアリティを決める要素は大きく4つあり、身体的性性自認性的指向性表現」にわけられています。 

身体的性は生まれながらに定められている性、性自認は自らが思う自分の性、性的指向はどんな性に恋愛感情などを抱くか、性表現は自分の表現したい性といった要素になります。 

レズビアンに関係してくるのが、性自認と性的指向です。 

レズビアンとは? 

レズビアンは、「性自認が女性かつ、性的指向が女性に向いているセクシュアリティ」と定義されています。 

わかりやすくいえば、「自分のことを女性を思っており、恋愛感情や性的感情も女性に向いている」というセクシュアリティとなります。 

レズビアンの多様性 

メディアなど、一般的にレズビアンを表現する時には女性が女性を好きになるという見せ方をすることが多いかもしれません。ただし、前述したようにレズビアンは性自認が女性であることがポイントです。 

つまり、身体的性は関連していないため、身体的性が男性であるレズビアンの方もいるということなります。 

さらに、性表現も関連していないことから男性的な性表現をするレズビアンの方もいらっしゃいます。 

一概にレズビアンだから、〇〇という決めつけはできないということを覚えておきましょう。 

ビアンについて 

ここからは主題の「ビアン」について考えていきます。 

まず、ビアンとは「レズビアンにおける呼称のひとつ」です。 

レズビアンを略して使用されている言葉であり、比較的当事者同士で使われるカジュアルでややくだけた表現となります。 

レズビアンの専門用語について 

ビアンは、レズビアンのことを略した言葉とお伝えしました。呼称のひとつではありますが、基本的にはレズビアンと同じ意味を持っているため、レズビアンの人とビアンの人というのは違うというわけではありません。 

さて、レズビアンにはさまざまなタイプや専門用語が存在していることをご存知でしょうか。 

ここからは、レズビアンのタイプや専門用語についてお伝えしていきたいと思います。 

レズビアンのタイプ 

まず、レズビアンのタイプについて考えていきましょう。 

フェム 

レズビアンには性表現は関連しないとお伝えしましたが、それはレズビアンを定義する上での話です。要するに、レズビアンの方にもさまざまな性表現があると考えるとわかりやすいと思います。 

まず、レズビアンのひとつのタイプが「フェム」です。フェムとは、女性らしさを意味するレズビアン用語として知られています。つまり、女性的な性表現をしているレズビアンの方がフェムということになります。 

ボイ

一方、性表現が男性的であるレズビアンの方を「ボイ」と呼ぶことがあります。ただし、はっきりと男性的な性表現のボイの方もいますし、やや女性的でありながらボーイッシュな雰囲気のボイの方もいます。 

ボイの中にもさまざまな方がいらっしゃることを忘れないようにしましょう。 

中性 

また、女性でも男性でもなく、中性的な性表現のレズビアンの方もいます。もちろん、女性よりの中性、男性よりの中性といったさまざまな性表現があることは忘れないようにしましょう。 

性役割における専門用語 

レズビアンは、性自認が女性ですが性役割におけるタイプがあることで知られています。大きくわけると、「タチ・ネコ・リバ」という3タイプが一般的です。ここでは、それぞれの役割について簡単に解説していきましょう。 

タチ 

タチとは、性役割において攻める方向性のタイプのレズビアンに使用されている言葉です。積極的に自らが相手をリードしていくような性役割の場合に使用されています。 

ネコ 

ネコとは、性役割が受け身の方に使用されている言葉です。リードされる側ということになるため、タチを受け入れる立場と考えてもよいでしょう。 

リバ 

リバは、タチでもあり、ネコでもあるという両方の性役割をもつレズビアンの方に対して使用されている言葉です。 

ときにタチになり、ときにネコになるなどさまざまなスタイルを持つ方と考えるとわかりやすいかもしれません。 

もちろん、タチ寄りのリバやネコ寄りのリバなどさまざまなタイプが存在しており、そもそも標榜していないレズビアンの方もいます。 

また、これら性役割のタイプは見た目で判断できる部分ではありませし、プライベートな場合でタイプがわかることがほとんどです。 

そのため、不用意にレズビアンの方の性役割を聞き出すというようなことは控えましょう。 

そのほかのレズビアンの専門用語 

ここでお伝えしただけでなく、レズビアンにはさまざまな専門用語が存在しています。最後に、前述した用語以外の専門用語をいくつかお伝えしていきましょう。 

バリ 

「タチ・ネコ・リバ」というタイプについて解説しましたが、それらに関連する用語にバリというものがあります。バリとは、その性役割に徹するという意味で使われている用語です。 

完ビ 

完ビとは、完全にレズビアンの方に使われている専門用語です。 

スカタチ 

スカタチとは、性役割がタチながらフェミニンな衣装を好むレズビアンの方のことを指す専門用語です。スカートをはいたタチの略称となっています。フェムタチとも呼ばれています。 

ズボネコ 

ズボネコとは、性役割がネコながらボーイッシュな服装を好むレズビアンの方のことで、ズボンをはいたネコの略称です。ボイネコとも呼ばれます。 

ビッフェ 

本人がフェムであり、恋愛対象としてもフェムを求めているレズビアンのことです。 

ホモビアン 

自らがタチであり、恋愛対象としてもタチを好むレズビアンの方のことです。 

百合 

現在では、ガールズラブというのが一般的ですが、百合は女性の同性愛をテーマとした小説やアニメなどを指す言葉です。 

ライフスタイル・レズビアン 

レズビアンとして、男性に依存しないライフスタイルを謳歌している女性に使われます。 

さまざまな専門用語を知る 

これら以外にもさまざまな言葉がレズビアンには存在しています。ただし中にはネガティブなイメージを与える用語などもあるため、注意して使用しなければなりません。 

しっかりと用語の意味を理解し、正しい使い方をしていきましょう。 

「自分らしく生きるプロジェクト」では、自分らしく生きる様々な人たちのインタビューやメッセージ・フレンドリーな企業・多様性なライフスタイルのコンテンツをご紹介しています。ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

https://jibun-rashiku.jp

Topics