COLUMN

ノンセクシュアルとは?ノンセク(非性愛)の意味、アセクシュアル(無性愛)との違いは?

レズビアンやゲイなど、近年セクシュアルマイノリティについて理解が進みはじめています。 

そのためLGBT以外のセクシュアルマイノリティにも注目が集まるようになってきており、性の多様性が理解されるようになってきました。 

さて、その中のひとつにノンセクシュアルというものがあります。一体どんなセクシュアリティか解説していきましょう。 

セクシュアルマイノリティについて 

ノンセクシュアルについて知る上で、まずセクシュアルマイノリティについて知る必要があります。 

LGBTという言葉がありますが、これは「レズビアン(Lesbian)・ゲイ(Gay)・バイセクシュアル(Bisexual)・トランスジェンダー(Transgender)」という4つのセクシュアルマイノリティの頭文字から構成されている言葉です。 

セクシュアルマイノリティの総称として使用されている言葉ですが、セクシュアリティはこれら4つだけではありません。 

ほかにも多種多様なセクシュアリティがあり、ノンセクシュアルも数あるセクシュアリティのひとつなのです。 

セクシュアリティを決める要素とは? 

“ノンセクシュアルはこういったセクシュアリティです”と一言で伝えることは簡単です。 

しかし、ノンセクシュアルについてしっかりと理解するためには、セクシュアリティを決める要素を知る必要があります。 

セクシュアリティを決める要素とは? 

前述したように、セクシュアリティはLGBTだけではありません。 

これら数多くのセクシュアリティを決める際、ある程度の定義がないと曖昧な状態になってしまいます。 

もちろん、この要素に当てはまっているから絶対に〇〇と断定するのは難しいですが、セクシュアリティを定義するためには重要です。セクシュアリティを決める要素は大きくわけて4つあるといわれています。 

★身体的性 

★性自認 

★性的指向 

★性表現 

これら4つの要素をそれぞれ解説していきましょう。 

身体的性 

身体的性とは、外陰や内陰、染色体などによって決められる要素です。 

生まれてきた時の身体的な性の要素となります。 

性自認 

性自認とは、自分自身がどのような性と自認しているのかという要素です。 

例えば、身体的性が女性であり、自分のことを男性だと思っている方の性自認は「女性」となります。両性、中性、決められないなどさまざまな性自認があります。 

性的指向 

性的指向とは、恋愛対象がどの性に向いているかといった要素です。 

例えば、男性が好きという方は性的指向が「男性に向いている」と考えられます。男性・女性の両性に向いている、どちらにも向かないという性的指向もあります。 

性表現 

性表現とは、自らがどのような性を表現したいか、という要素です。身体的性が男性の方が女性らしいファッションや話し方、言動をしている場合、性表現は女性となります。 

ノンセクシュアルについて 

セクシュアリティを決める要素を理解した上で、あらためてノンセクシュアルについて考えていきましょう。 

ノンセクシュアルとは? 

ノンセクシュアルとは、「他者に対して性的欲求を抱かないセクシュアリティ」と定義されています。性的指向の部分から考えるに性を問わず「他者に性的欲求を抱かない」ということになりますが、恋愛感情は抱くことはあり得ます。 

日本語では、「非性愛」。ノンセクシュアルを略して、「ノンセク」などとも呼ばれています。 

アセクシュアルとの違いは? 

ノンセクシュアルと混合されがちなセクシュアリティに、アセクシャルがあります。 

“セクシュアル”という言葉が使われているためか、似たようなセクシュアリティと考えられているのかもしれません。 

しかし、実際には全く別のセクシュアリティであり、同じものと捉えることはできません。一体どのような部分に違いがあるのでしょうか。 

アセクシュアルとノンセクシュアルの違い 

アセクシュアルは、日本語で「無性愛」と翻訳されているセクシュアリティです。エイセクシュアルと呼ばれることもあります。 

さて、アセクシュアルとは「他者に対して恋愛感情や性的欲求を抱かないセクシュアリティ」と定義されているセクシュアリティです。 

ノンセクシュアルの場合、他者に性的欲求を抱かないものの恋愛感情を抱くことはあり得るとお伝えしました。 

つまり、アセクシュアルとノンセクシュアルの違いは「他者に性的欲求は抱かないものの、ノンセクシュアルは恋愛感情を抱く」という部分です。 

もちろん、アセクシュアルの方は誰にも愛情のない冷たい人間というわけではありません。知人や友人、家族へ愛情を抱きますし、家族として結婚を望む方もいます。 

アセクシュアルというセクシュアリティも、しっかりと尊重すべきでしょう。 

ノンセクシュアルの恋愛 

ノンセクシュアルは、他者に性的欲求は抱かないものの恋愛感情は抱くとお伝えしました。つまり、恋愛という意味で恋をするということになります。 

ここからはノンセクシュアルの方の恋愛について考えていきたいと思います。 

ノンセクシュアルの方の恋愛 

ノンセクシュアルの方にも、ひとりひとり多様な恋愛の形があります。身体の接触が一切ない恋愛からキスやハグ以上のない恋愛、そして性行為を行う恋愛もあります。 

ノンセクシュアルは性的欲求がないとお伝えしましたが、性行為自体をしないというわけではありません。 

恋愛をする相手が求めてきた場合、欲求は一切ないもののそういった行為を行うという場合もあるということです。 

考え方としては、“心のつながり”を重視する方で体のつながりを自発的に求めることがない。ノンセクシュアルの方の恋愛は、こういった部分が基本になっていることが多い傾向にあります。 

ノンセクシュアルの方の性的欲求について 

ノンセクシュアルの性的欲求に対する考え方はさまざまです。 

性的欲求がないと伝えると、“ノンセクシュアルは性的欲求に対してまったくの無関心であり、理解もしようとしないのでは?”と思われる方もいるかもしれません。 

しかし、ノンセクシュアルだからといって全くすべきのひとが性的欲求に対して一定の考え方をしているわけではありません。 

例えば、過去にトラウマがある方や性的行為自体が苦手という方、性行為は可能ながら相手の求めるような形ではできない人、自慰行為は行う人…など、多種多様です。また、ノンセクシュアルだからといって身体の接触を嫌っているわけではありません。 

手をつなぐこともあったりキスをすることもあったり、個人の考え方によってさまざまなスタイルがあります。 

ノンセクシュアルを考える場合、一口に“〇〇だ”と定義するのは難しい上に不可能と考えることもできるでしょう。 

ノンセクシュアルと結婚 

ノンセクシュアルの方は恋愛感情を相手に抱きますし、結婚願望がある方も多くいます。 

しかし、性的関係においてパートナーの性的な欲求に応えられないという悩みを抱えている方もいるといわれています。 

今、ノンセクシュアルの方のような恋愛に応えるための「友情結婚」などを相談する場所なども増えてきています。 

性に多様性があるように、恋愛や結婚にもさまざまな形があって当然でしょう。こういった形を理解し、尊重することもノンセクシュアルを理解する上で重要なポイントになっていきます。 

ノンセクシュアルを知る 

ノンセクシュアルとアセクシュアルに違いはありますが、互いのあり方を尊重することが大切です。そのためには、ノンセクシュアルを深く理解しようと思う気持ち。 

ここから始めることが大切です。ぜひ、ノンセクシュアルの生き方に寄り添う気持ちで知る努力を続けていきましょう。 

「自分らしく生きるプロジェクト」では、自分らしく生きる様々な人たちのインタビューやメッセージ・フレンドリーな企業・多様性なライフスタイルのコンテンツをご紹介しています。ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

https://jibun-rashiku.jp

Topics