COLUMN

ウーマセクシュアル・マセクシュアルとは?意味を簡単にわかりやすく解説。

セクシュアリティは多様。こういった言葉を耳にしたことがある方も少なくないかもしれません。 

一口に言ってしまえば簡単ですが、その内容は複雑であり、各セクシュアリティについてしっかりと理解する姿勢が重要でしょう。 

今回、ウーマセクシュアルとマセクシュアルについて解説します。 

その意味、あり方について考えてみましょう。 

セクシュアリティって何? 

ウーマセクシュアルとマセクシュアルは、〇〇です。こう伝えるのは簡単です。しかし、ただ上辺だけの定義を耳にしても内容を理解したことには繋がりません。 

ウーマセクシュアルとマセクシュアルを知る上でも、まずその根底にあるさまざまな定義などを考える必要があります。その前提となる話が、「セクシュアリティ」のことです。 

セクシュアリティとは? 

そもそもセクシュアリティとはどういった意味なのか。数多くの解釈が存在していますが、ここでは「その人における性のあり方」と考えます。 

例えば、男性・女性という二つの性があり、それぞれにその条件について受け入れた上で異性を愛するというかたちがあります。 

しかし、全ての人が全く同じ考え方でないかもしれません。男性と女性という性だけではない考え方、同性を愛するという考え方、さらに恋愛感情はあるものの性的感情は抱かないとか、その人それぞれの考え方があります。 

セクシュアリティの話を考える時、重要なことは「それは違う」というあり方はなく、それぞれが平等ということを理解しておくことです。 

ウーマセクシュアルとマセクシュアルを理解する上で、セクシュアリティというものは人それぞれのあり方であるということを前提に考えていきましょう。 

セクシュアリティを決める要素について 

ウーマセクシュアルとマセクシュアルを語る上で重要になるのが、セクシュアリティを決める要素についてです。 

一体、どういうことか解説していきます。 

セクシュアリティを決める要素とは? 

LGBTという言葉があります。 

これは、「★レズビアン(Lesbian)★ゲイ(Gay)★バイセクシュアル(Bisexual)★トランスジェンダー(Transgender)」という4つのセクシュアリティの頭文字から構成されている言葉です。じつは、これらを定義するための要素が存在しています。 

それについてお伝えします。 

4つのセクシュアリティを決める要素 

セクシュアリティを決める要素は、大きくわけて4つあると考えられています。 

それが、「★身体的性 Sex★性自認 Gender Identity★性表現 Gender Expression★性的指向 Sexual Orientation」です。 

これらのあり方や組み合わせにより、その人のセクシュアリティが定義づけられることがあります。これらの要素について、簡単にお伝えしていきましょう。 

身体的性 

身体的性とは、生まれながらに定められている性のことです。 

外陰、内陰などから定められる性別のことになります。 

性自認 

性自認とは、自らがどのような性と自認しているのか、という要素です。自らのことを男性と自認している方は、性自認が男性となります。 

性表現 

性表現とは、自分が表現したいと思い、それを外的に表現している要素のことです。例えば、男性として表現したい方が男性の言動やファッションをするなど、そういった要素になります。 

性的指向 

性的指向とは、どのような性に対して恋愛感情や性的感情を抱くのか、といった要素です。例えば、女性に恋愛感情や性的感情を抱く方は性的指向が女性に向いていると考えることができます。 

ウーマセクシュアル・マセクシュアルについて 

セクシュアリティやセクシュアリティを定める要素などを見てきました。ここからは、ウーマセクシュアル・マセクシュアルについて考えていきたいと思います。 

ウーマセクシュアルとは? 

ウーマセクシュアルとは、性的指向が女性に向いている方のことを指す言葉です。ジニセクシュアルとも呼ばれています。 

マセクシュアルとは? 

マセクシュアルとは、性的指向が男性に向いてる方を指す言葉です。アンドロセクシュアルとも呼ばれています。 

性自認に関連しない呼び方 

ウーマセクシュアル・マセクシュアルの内容を耳にしてから、少し不思議に思った方もいるかもしれません。 

LGBTについて軽く前述しましたが、男性が男性を好きになるならゲイなのではとか、女性が女性を好きになるのであればレズビアンなのではとか、異性を好きになるのであればヘテロセクシュアルなのではないかなど、セクシュアルについて学んでいるほど不思議に思ってしまうかもしれません。 

なぜ、ウーマセクシュアル・マセクシュアルという呼び方があるのでしょうか。 

ウーマセクシュアル・マセクシュアルのあり方 

ウーマセクシュアル・マセクシュアルという言葉を考えた時、それはある意味でシンプルかもしれません。例えば、性的指向が女性である方をウーマセクシュアルと呼ぶとお伝えしました。 

実は、ウーマセクシュアル・マセクシュアルという言葉は性自認に一切関連しない言葉ですので、幅広い方に当てはまるセクシュアルのひとつでもあるわけです。 

性自認とは、自分自身が自認してる性ですが、誰もがその自認に納得しているわけではありません。 

ウーマセクシュアル・マセクシュアルというセクシュアルがあることは、性自認における自らのセクシュアルがハッキリと決まっていない方からすれば、セクシュアルを定義できる言葉でもあるからです。 

ウーマセクシュアル・マセクシュアルとは、性的指向のみが関連する要素であり、それ以外のセクシュアルを決める要素は関連していません。 

男性が好き、女性が好きということから、ウーマセクシュアル・マセクシュアルは多くの方に当てはまるセクシュアルのひとつでもあるのです。 

ウーマセクシュアル・マセクシュアルから分かる多様性 

ウーマセクシュアル・マセクシュアルは、女性・男性に性的指向が向いてるセクシュアルではあるのですが、それは画一的なものではありません。 

性自認が関連しないと自らのセクシュアルを定義できないという方もいるかもしれません。 

さらに、自分はヘテロセクシュアルと呼ばれるセクシュアルではあるものの、自分が普通でほかのセクシュアルがマイノリティと呼ばれることに複雑な感情を抱いている方もいるかもしれません。 

当然、ストレートと呼ばれている方たちの中でも、それはひとつのセクシュアルであり、それが普通で当たり前という風潮に疑問を抱いている方もいるわけです。 

ウーマセクシュアル・マセクシュアルという言葉は、あくまで性的指向におけるセクシュアルであり、これはどなたにも当てはまる言葉です。 

自分にはセクシュアルはないということではなく、さまざまな立場から自らのセクシュアルを決める上でウーマセクシュアル・マセクシュアルという言葉が生まれたことを、嬉しいと感じている方もいるのかもしれません。 

ウーマセクシュアル・マセクシュアルという言葉から、性が多様であることも理解できますし、全ての方にセクシュアルが存在するということも考えるきっかけになります。 

セクシュアルにおける言葉のひとつではありますが、深い意味を持っていることを理解することが必要です。 

ウーマセクシュアル・マセクシュアルについて知る 

ウーマセクシュアル・マセクシュアルについてお伝えしてきました。ぜひ、これを機会にセクシュアルの多様性について考えてみてはいかがでしょうか。 

「自分らしく生きるプロジェクト」では、自分らしく生きる様々な人たちのインタビューやメッセージ・フレンドリーな企業・多様性なライフスタイルのコンテンツをご紹介しています。ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

https://jibun-rashiku.jp

Topics