COLUMN

LGBTの診断テスト – 無料で簡単に出来る診断メーカーやチェック項目で確認しよう。

自分はLGBTかもしれない。セクシュアル・マイノリティであることは決して問題ではありませんが、それでも自分はどのような人間なのか知りたいと思うこと気持ちは重要です。

しかし、どこで診断できるのか悩んでいる方もいるでしょう。その方法などについて解説します。

LGBTはどこで診断できるの?

自分はLGBTなのか、どうなのか知りたい。そう思ったとき、どのような場所で診断してもらえばよいのでしょうか。

LGBTは、単純に決められるものではなく今後の自分の人生を大きく左右する事柄です。

無料相談を出来る場所はありますが、中には“そこまでしたくない”とか“仕事柄難しい”、“シンプルに傾向だけを知りたい”と思っている人の方が多いかもしれません。そういった場合は、ウェブ上の無料診断を利用してみるという方法がよいでしょう。

無料診断とは?

今、インターネット上にはさまざまな無料診断ツールが存在しています。LGBTに限らず、自分がどういった傾向にある人間なのか理解できるものなども多く見受けられます。

LGBT無料診断とは、何らかのキーワードを入れていくことで診断メーカーが、どんなセクシュアル・マイノリティなのかを即時に診断してくれるツールです。

もし、自分の中で少しでもセクシュアル・マイノリティの傾向を知りたいと思っている方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

注意点もある

LGBTの無料診断には注意しないといけないことがあります。まず、“診断された結果が全てではない”ということです。

前述したように、ジェンダークリニックでは半年から数年かけてその人のセクシュアル・マイノリティを診断します。“自分は男性だけど、男性が好き”。ゲイという診断が出るかもしれませんが、細分化していくと別のセクシュアル・マイノリティであることも考えられます。

間違ったセクシュアル・マイノリティを信じ行動を続ける、自らの思いと行動が乖離してパニックになってしまいます。LGBTの診断はあくまで“傾向”と捉え、気楽な気持ちで利用するようにしましょう。

LGBTの無料診断の手順とチェック項目

ここからは、実際にいくつかあるLGBTの無料診断を利用していきます。

身体的な性別

まず、診断の最初に身体的な性別について回答します。もちろん、自分ではどう思っているかは別に学術的に男女か否かということは理解できると思います。両性具有の方などもいるので一概にはいえませんが、無料診断においてはこのような形からスタートしています。

自分をどう認識しているか

次に、自分自身の性をどう認識しているか入力します。男性、女性、考えている最中、断言することができないといった項目が用意されています。ここからは、男性と女性だけでなくほかの回答も出てくるのでそれに沿って入力していきましょう。

服装や言動について

自分で認識している性とは違う服装、さらに言動をしたいと思っているかの質問です。仮に、前の質問で自分の性は女性と回答したものの、本当は男性のファッションや言動で世の中を生きていきたいと思っている…。

そういった方は、“はい”に回答することになるでしょう。もちろん、“いいえ”の回答も用意されています。

どのように人を好きになるか?

次に、好きになり方の質問です。少し難しいですが、ようするに“恋愛対象者がいた場合、その人をどういったように好きになるか”という質問です。

恋愛的にも、性的にも好きになるという回答もあれば、性的な感情しか抱かないという方もいるでしょう。その逆に性的な感情を抱かないものの、恋愛感情だけは持っている、という場合もあります。

そもそも、人を好きなることがないという方も回答可能です。セクシュアル・マイノリティを決定づけるポイントとして、この部分はとても重要ですのでしっかりと回答しましょう

好きになる性別

次に、好きになる相手の性別にこだわっているか、という質問です。例えば、自分は男性で異性愛者なので女性しか好きにならない。男性は好きにならない、という方であればこだわりがあるでしょう。一方、男性でも女性でも関係なく恋愛感情を抱ける方はこだわりがないといえます。

好きになる性

LGBTの無料診断メーカーでは、好きになる性についても回答します。女性、男性、両方、さらに考えている最中という項目があります。どの性に恋愛感情を抱くのかはセクシュアル・マイノリティを決定づけるために重要な項目です。

恋愛的に好きになる条件

無料診断メーカーで最後の質は、恋愛的に好きになる条件の項目です。絆が深くなった人だけを好きになるという方。

条件はなくそれ以外、さらに好きになった相手には自分を好きになってもらいたくない、というものもあります。どういった条件によって自分の性愛の感情がわき上がるのか、という部分も重要なポイントでしょう。

結果は複数出てくる

LGBT無料診断メーカーを利用し回答しけば、当然その結果が出てきます。

しかし、優良なLGBT無料診断メーカーであれば複数の回答が出てくるはずです。そもそも話を一度聞いただけでその人のセクシュアル・マイノリティを簡単に定義づけることは困難でしょう。

ゲイかもしれないし、トランスジェンダーかもしれないし、パンセクシュアルだったかもしれない。その人の言動や思いを何年も追い続けることで、その結果が見えてきます。

LGBTの無料診断メーカーも、一度の診断でノンセクシュアルやトランスジェンダー、パンロマンティック、リスロマンティックなどさまざまなセクシュアル・マイノリティの可能性が示唆されます。

この中のどれかに当てはまっている可能性が高い、ということで理解しておく。そして、本当の自分を知りたい方はこういった結果を踏まえてジェンダークリニックに通ってみるとう流れが、理想的なのではないでしょうか。

使ってはいけない診断メーカー

LGBTを診断できる無料の診断メーカーは、ウェブ上にさまざま落ちています。スマートフォンでも手軽にネットができる時代であり、検索方法も人それぞれですので幾多の診断メーカーと出会うことでしょう。

LGBT診断メーカーの中には、一部あまり真剣に作られていないものがあります。名前を入力しただけで結果が出てくるものや、極端に偏った質問や回答があるものなど半分“遊び”で作られているものです。

理解できる方であればよいですが、真剣にセクシュアル・マイノリティについて悩んでいる方であれば真剣に受け止めてしまう可能性もあります。

LGBTの無料診断メーカーを作っている企業を見るときは、信頼できる場所なのか確認してから利用するようにしましょう。

ひとつの傾向として利用する

LGBTの無料診断メーカーは、ひとつの指針として利用するのが理想的です。

ジェンダークリニックで、トランスセクシュアルと診断された方が無料診断メーカーを利用したら別のセクシュアル・マイノリティと診断されることもあります。

あくまで、自分はどんな傾向があるのか…という部分を知るために利用するにとどめておきましょう。

「自分らしく生きるプロジェクト」では、自分らしく生きる様々な人たちのインタビューやメッセージ・フレンドリーな企業・多様性なライフスタイルのコンテンツをご紹介しています。ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。
https://jibun-rashiku.jp

Topics