COLUMN

バイセクシュアルの意味とは?両性愛者の意味を正しく理解し誤解されやすい原因を無くそう。

セクシュアルマイノリティの総称を表す言葉のひとつ、LGBT。このLGBTの、“B”がバイセクシュアルというセクシュアルマイノリティです。

じつはバイセクシュアルの方はいろいろと誤解されやすく、悩みを抱えている方もいるといいます。

ここでは、バイセクシュアルの意味や誤解されやすい理由などを解説していきます。

バイセクシュアルとは?

バイセクシュアルについて考える際、まずバイセクシュアルのことをしっかりと理解しておくことが必要です。バイセクシュアルの基本について学んでいきましょう。

LGBTのB

バイセクシュアルは、LGBTのBを意味するセクシュアルマイノリティです。

L=Lesbian レズビアン

レズビアンは、性自認が女性であり性的指向が女性の方というセクシュアルマイノリティです。

G=Gay ゲイ

ゲイは、性自認が男性で性的指向が男性のセクシュアルマイノリティです。

B=Bisexual バイセクシュアル

バイセクシュアルは、両性愛者と呼ばれるセクシュアルマイノリティです。

T=Transgender トランスジェンダー

トランスジェンダーは、性自認と身体の性が一致していない方全般を指すセクシュアルマイノリティです。

セクシュアルマイノリティというと全てが一緒と思う方もいるかもしれませんが、LGBTの中でもこれだけ違いがあることがわかります。

次は、バイセクシュアルの「両性愛者」について解説していきましょう。

バイセクシュアルは両性愛

バイセクシュアルは、前述した通り「両性愛者」と意味するセクシュアルマイノリティです。

両性愛者とはその名の通り、“男性と女性の両方の性を愛する人”という意味。とくに相手が男性か女性かを気にせず、恋愛感情や性的感情を抱ける人と考えることができるでしょう。

しかし、“男性も女性も愛することができる人たち”と理解するだけでは、バイセクシュアルの方のすべてを理解したことになりません。

じつは、バイセクシュアルの方には多くの悩みがつきまとっているといわれているのです。

バイセクシュアルの悩み

両性愛者というセクシュアルマイノリティでくくられている、バイセクシュアル。しかし、受け取る側に定義が正しく伝わっていない部分もあり多くの悩みを抱えているといわれています。

ここでは、両性愛者が抱えているといわれている悩みを簡単にまとめてみました。

性に奔放な人間

両性愛者は、男性も女性も愛すことができます。

そのため、人によっては“取っ替え引っ替えに遊んでいる、性に奔放なセクシュアルマイノリティ”と勘違いされてしまうことがあるといわれています。

バイセクシュアルの方は、男性で1人、女性で1人とカウントしながら恋人を作っているわけではありません。

たまたま好きになった方が同性だったなど、恋愛への気持ちは普通の方の一緒なのではないでしょうか。

友人関係が難しいと思われる

バイセクシュアルは、男性も女性も愛することができます。

しかし、セクシャル・マジョリティの方の友達にカミングアウトした際、同性の人たちから不安がられたり、もしかしたら恋愛感情を抱かれると不安視されるといわれています。

しかし、私たちが異性の友人を作るように、バイセクシュアルだったら誰でも恋愛対象にしているわけではありません。

結婚に対する偏見

バイセクシュアルの方が結婚した場合、その人がバイセクシュアルではなくなると思われています。

バイセクシュアルだからといって、男性と女性の二つの性の方と同時に結婚することはできません。

とはいえ、誰かを選んだからといってバイセクシュアルではなくなくったと認識するのは間違えでしょう。

結婚したらバイセクシュアルで無くなるという認識は、個人のあり方を否定してしまうことにもつながります。

これは理解不足からくる偏見ですので、しっかりとバイセクシュアルに対する理解を深めておく必要があるでしょう。

バイセクシュアルに似ていると思われている言葉

これらバイセクシュアルにおける偏見や誤解が生み出される理由に、バイセクシュアルと混合されているセクシュアルマイノリティがあるから…という考え方もあります。

バイセクシュアルと混合されている種類があれば、理解しにくい方はいろいろと誤解してしまうかもしれません。

一体、バイセクシュアルのほかにどのようなセクシュアルマイノリティがあるのでしょうか。

パンセクシュアル

バイセクシュアルとよく混合されるのが、パンセクシュアルというセクシュアルマイノリティです。パンセクシュアルとは、“性を条件とせずにどんな方でも愛することができる”というセクシュアルマイノリティです。

バイセクシュアルと混合される理由が、“どんな性でも”というキーワード。パンセクシュアルは、男性や女性はもちろん、性自認が決まっていない方や男女という性別ではないと思っているなど、性に縛られずに愛することができる方のことです。

「全性愛者」と呼ばれるように、男性と女性を性的指向と考えることが定義されているバイセクシュアルとは、基本的に別のセクシュアルマイノリティといえるでしょう。

ポリセクシュアル

ポリセクシュアルは、複数のセクシュアリティを好きになる方であり、パンセクシュアルと似ています。

しかし、好きにならないセクシュアリティもある…という部分がポリセクシュアルにはあるため、パンセクシュアルとは厳密には別といえます。

ただ、男性も女性も好きというところがバンセクシュアルと混合されているようです。

パンセクシュアルと似ているということは、バイセクシュアルとも混合されている可能性があるでしょう。

しかし、これらをしっかりと理解すればそれぞれは独立した全く別のセクシュアルマイノリティであることが理解できるはずです。

性は複雑で多様性がある。この前提を理解することが、バイセクシュアルを理解する第一歩なのではないでしょうか。

バイセクシュアルの芸能人

私たちが普段、さまざまな場所で見かける芸能人。この方々の中にもバイセクシュアルをカミングアウトしている方たちがいます。

ここでは、バイセクシュアルの芸能人を何人か紹介します。

バイセクシュアルの芸能人

バイセクシュアルという方は芸能人にも少なくありません。

海外であれば、リオ・タラさんやレディー・ガガさん、あのエルトン・ジョンさんもバイセクシャルとカミングアウトしています。さらにあのアンジェリーナ・ジョリーさんも、バイセクシュアルということを告白しています。

日本でも、モデルの大石絵里さんや檀蜜さん、鳥居みゆきさん、カズレーザーさん、最上もがさんなどもバイセクシュアルと公言されているようです。

芸能人のカミングアウトは大きな影響を与えます。それらのおかげでバイセクシュアルの理解が少しずつながら進んでいくのではないでしょうか。

最後に

バイセクシュアルは、いろいろと誤解されている部分もありますが男性も女性も愛せるセクシュアルマイノリティであるだけです。

もちろん、まだまだ誤解されたり、理解されない部分もあるかもしれません。

バイセクシュアルを理解をすることで、その方々の悩みや偏見が無くなる上に多くのセクシュアルマイノリティの方への理解も深まります。

バイセクシュアルについて、正しく理解する努力をしてみましょう。

「自分らしく生きるプロジェクト」では、自分らしく生きる様々な人たちのインタビューやメッセージ・フレンドリーな企業・多様性なライフスタイルのコンテンツをご紹介しています。ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。
https://jibun-rashiku.jp

Topics