COLUMN

Xジェンダーとは?診断チェック方法や恋愛事情について紹介。自分の性別は自分で決める。

近年、日本でもセクシュアルマイノリティへの理解が深まりはじめてきています。

LGBTという言葉も、少しずつではありますが市民権を得てきたと考えられるでしょう。

しかし、LGBTだけでない多様な性があることも事実。いろいろな性について理解を深めていくことが大切です。ここでは、そのうちのひとつ「Xジェンダー」について解説していきたいと思います。

Xジェンダーについて

セクシュアルマイノリティの総称である、LGBTという言葉。

  • 「L」=Lesbian レズビアン 
  • 「G」=Gay ゲイ
  • 「B」=Bisexual バイセクシュアル
  • 「T」=Transgender トランスジェンダー

これらの頭文字を組み合わせた言葉がLGBTです。

しかし、これら4つのセクシュアルマイノリティが全てのセクシュアルマイノリティを包括しているわけではなく、違和感を感じている方もいます。

つまり、LGBTに当てはまらない、さまざまなセクシュアルマイノリティの方もいるということです。Xジェンダーと呼ばれる人たちもそのひとつ。

一体、どんなセクシュアリティなのか解説していきましょう。

Xジェンダーとは?

Xジェンダーは、「性自認が男性にも女性にもあてはまらない」というセクシュアリティを指す言葉です。ちなみに、学術的に男性か女性か判断する身体的な性は関係ありません。

あくまで、性自認がどちらにも当てはまらないのがXジェンダーなのです。

性別としての「X」

海外には書類の性別欄に「X」という性別があります。これをXジェンダーと想像される方もいるかもしれませんが、それとは別です。

性別としてのXは、「男性や女性に当てはまらない、さまざまな性の総称(Gender Queer)」を指します。

Xジェンダー自体は日本で生まれた言葉であり、今は直訳する言葉はありませんが海外では「第3の性」などとも呼ばれているようです。

Xジェンダーの性別

Xジェンダーは、男性にも女性にも当てはまらないと感じているセクシュアリティです。そのためXジェンダーの方には、さまざまな性があると考えられています。

基本的には、「中性、両性、無性、不定性」といった4つの性に分けられており、それぞれ性自認のあり方が違います。ここからは、Xジェンダーの性別について解説していきましょう。

中性

男性と女性の中間地点。ちょうど真ん中の地点に自分の性が存在している性自認を中性といいます。

両性

男性か女性かではなく、自分は男性でもあり女性でもあるといった性自認を両性といいます。

○割男性、○割女性といったような、自分の中に男性と女性の性があると認識しており、割合は本人の中では変わらないと考えられています。

無性

無性とは男性でもなければ女性でもない以前に、男性・女性という性という認識が無い性自認です。

例えば、男性・女性ではないと思っている方や両方だと考えている方とは違い、そもそも男と女という二つの性が存在していることを認識せず、どちらの感覚も自分には当てはまっていないと考えている方となります。

不定性

自分の中で性自認が流動的、つまり自分の中の性が揺れ動いている性自認の方を不定性と読んでいます。

男性になったり女性になったりというだけではなく、中性、両性、またXジェンダー無性など複数の性の間で揺れ動くなど、さまざまな性の間で流動している方が不定性とされます。

MtXとFtXについて

Xジェンダーを理解する際、「MtX」と「FtX」についても知っておく必要があります。このMtX」と「FtX」を知る上で、まず比較としてMtFとFtMを見ていきましょう。

MtFとは?

MtXは、「Male to Female」という頭文字から構成されている言葉であり、身体の性が男性で性自認は女性という方を指す言葉です。

FtMとは?

FtXとは、「Female to Male」の頭文字から構成されている言葉で、身体の性が女子で性自認が男性の人を指した言葉です。

MtXとは?

MtFとFtMは、性自認が男性か女性かどちらかに当てはまる人を指した言葉でした。

前述したように、Xジェンダーの方は男性か女性かといった性の枠に完全に当てはまるものではありません。つまり、MtFとFtMとXジェンダーとは違うと考えることができるでしょう。

MtXは、身体の性が男性であり性自認がXジェンダーの方。「Male to X-gender」の頭文字から構成された言葉です。

FtXとは?

MtXに対し、FtXは身体の性が女性で性自認がXジェンダーである方を指した言葉。「Female to X-gender」の頭文字から構成された言葉となります。MtFとMtXなど、とても似ている言葉ですが内容は全く違うので覚える際には注意しておくべきでしょう。

Xジェンダーの特徴

Xジェンダーの方たちには、さまざまな特徴があります。

悩みや恋愛、そしてファッションなどXジェンダーの方だからこそのあるあるをお伝えしていきましょう。

Xジェンダーの悩み

男性でも女性でもないという性自認のXジェンダー。

身体の性に従った社会的服装(制服やスーツ)に身を包むことに抵抗があったり、書類の性別欄の書き方、性が揺らぐことによって心が不安定になってしまうなど、こういった悩みを抱えている方もいるといわれています。

社会が定めた性による区別とその性に対する期待。日常的な生活の中でも、さまざまな違和感を抱えている方もいるのだそうです。

Xジェンダーの恋愛観

Xジェンダーの方は、まず自分がどちらの性かはっきりといえない性自認であることから、ほかのコミュニティに加わりにくく恋愛相手を見つけることが難しいといわれています。

ゲイコミュニティに入り男性として男性を愛そうとしても自分の中に女性がいるため違和感を覚えるなど、どういった方を愛すべきか悩んでいる人もいるかもしれません。

XジェンダーはLGBTのようなセクシュアルマイノリティのように、広く認知・理解されているセクシュアリティではないことも関係しているでしょう。

自身がXジェンダーかどうか理解できていない状態で居心地の悪さを感じ、自分の求めている恋愛の仕方がなかなかわからないと考えてしまっている方もいるのかもしれません。

Xジェンダーの服装や化粧

Xジェンダーの服装は、人それぞれですが中性的な服装や髪型、化粧をされる方が多い傾向にあるといいます。

ただし、生物学的に女性の方が女性の服装、男性の方が男性の服装をしているなど個人の考え方によっても変わってきます。

ジェンダーレスなファッションを好むXジェンダーの方もいますが、そういったジェンダーレスファッションをしない方もいます。

一人称も、私や僕、自分といったように人それぞれ。見た目だけでXジェンダーを決めつけるのは難しいと考えておくとよいでしょう。

Xジェンダーをカミングアウトしている人

影響力のある有名人の中には、Xジェンダーをカミングアウトしている方もいます。ユーチューバーの「ぺさ」さんや「なかけん」さんなどはとくに有名であり、同じセクシュアルマイノリティの方たちからも指示を得ています。

同じような悩みを持った方との交流会なども開催されているので、気になる方は最新情報をチェックしてみるとよいでしょう。

ジェンダー診断

Xジェンダーインターネット上のサイトで、Xジェンダー診断といったものがあります。

  • 女性か男性がしっくりこない
  • 体の性とは逆の性別に憧れている
  • 自分の体の性に違和感がある
  • 男性・女性として扱われることに苦痛を感じている

こういったものに当てはまるか否かで自身がXジェンダーが否かを診断できるというものです。ただしあくまでインターネット上の診断であり、これに当てはまったから完全にXジェンダーと判断するのは微妙です。

もし、ご自身が本当にXジェンダーであるかはっきりとさせたい場合は、専門クリニックで診断されることをおすすめします。

最後に

Xジェンダーの中には、手術を行い二次性徴で発達している部分を切り落とし、中性的な身体を目指す方などもいます。

しかし、全てのXジェンダーの方がそうではなく、前述したように服装から髪型、考え方まで多様性があることを忘れてはいけません。Xジェンダーについてわかりにくいという方は、Xジェンダーを取り上げた漫画などを参考にするという方法もあるでしょう。

自分の性別は自分で決める。Xジェンダーという存在を理解し、セクシュアルマイノリティのことをよりよく知る努力をしていきましょう。

「自分らしく生きるプロジェクト」では、自分らしく生きる様々な人たちのインタビューやメッセージ・フレンドリーな企業・多様性なライフスタイルのコンテンツをご紹介しています。ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。
https://jibun-rashiku.jp

Topics