COLUMN

FtM(エフティーエム)とは?意味や手術について簡単にわかりやすく解説。

世界にはさまざまな性があります。 

そんな中、生まれた時に決められている性と自身が認識している性に違和感を感じているセクシュアリティの方がいます。今回、その中のひとつである、FtM(エフティーエム)」について考えていきたいと思います。 

FtMとは、そして手術についてなどわかりやすく解説していきたいと思います。 

セクシュアリティを決める要素について 

FtMを知る上で理解しておくべき部分が、セクシュアリティを決める要素です。ここでは、まずセクシュアリティを決める要素について理解していきましょう。 

セクシュアリティを決める要素とは? 

セクシュアリティを決める要素は、大きくわけて4つあるといわれています。 

それが、身体的性性自認性的指向性表現」の4つです。それぞれについて解説していきましょう。 

身体的性 

身体的性とは、生まれながらに決められる性別のことです。染色体や性腺、性ホルモンなどから判断される生物学的に決められる性の要素です。 

性自認 

性自認とは、自分自身がどのような性と考えているか、という要素です。例えば、自らのことを女性だと思っている方は性自認が女性と考えることができます。両性、また性別を決めないという方もいます。 

性的指向 

性的指向とは、どのような性を好きになるかといった要素です。男性が好きという方であれば、性的指向が男性に向いていると考えることができます。性的指向が両性に向いてる、性的指向がどこにも向かいないという方などもいます。 

性表現 

性表現とは、自分がどのような性を表現したいか、という要素です。例えば、自らを男性的に見せるために男性的なファッションや言動、言葉遣いなどをする場合は性表現が男性と考えることができるでしょう。 

FtMについて 

セクシュアリティを決める要素が理解できた上で、今回主題であるFtMについて考えていきましょう。 

FtMとは? 

FtMとは、Female to Maleを略したもので、「身体的性が女性で性自認が男性」の方を指して使われています。これに対し、「身体的性が男性で性自認が女性」の方をMtFMale to Femaleと表現します。 

FtMの定義について 

「身体的性が女性で性自認が男性」という定義のFtM。しかし、これは大枠でとらえた場合の定義でありもう少し詳しくFtMについて理解する必要があるでしょう。 

FtMの定義とは? 

まず、FtMの正式な言葉であるFemale to Male」。これは直訳すると、“女性から男性へ”という意味になります。 

さらに、女性から男性への性の移行途中の方やしたいと思っている人、すでに女性から男性への性を移行された人がFtMにふくまれます。 

さまざまなFtMがいる 

FtMを考える時、性転換に関連する外科的手術の話題が出てくることがよくあります。 

FtMの方は、身体的性と性自認の不一致に違和感などをもっており、それを外科的手術をすることで克服したいと考えているこういったイメージを持たれる方もいるかもしれません。 

FtMの方であっても、前述したように治療の段階だったり有無などは人それぞれであり、考え方には多様性があります。一概に、FtMだから治療が絶対に必要というわけではないことは理解しておきましょう。 

FtMの手術について 

FtMの手術を望まれている方は、その手術に対応してくれる専門クリニックなどを利用する必要があります。 

どこの医院であってもできるわけではありませんし、自分はFtMだからすぐ今すぐに手術をしてほしい…という願いが叶うというわけでもありません。 

FtMの手術について詳しく解説していく前に、ジェンダー外来というものを取り入れている医院の事例をみていきましょう。 

ジェンダー外来とは? 

ジェンダー外来とは、クリニックが手術を望む方がどのようなセクシュアリティであるかを理解する上でおこなわれる問診です。 

自分は、FtMであると考えていても、その内容は専門家から見たら違っている可能性もありますし、別のセクシュアリティである可能性もあります。 

では、ジェンダー外来とは一体どのようなことを診断されるのか一般的な事例を見ながら解説していきましょう。 

精神的診断 

ジェンダー外来では、精神的な側面そして身体的な側面の両方を診断する必要があるといわれています。 

家族構成や性別の違和感、家族構成、恋愛対象、リアルライフエクスピアリアンスなどを精神科の専門医などと丁寧に面談していきます。 

そのほか、精神的診断では臨床心理士立ち会いのもとででは心理テストなどもおこなわれることがあり、面談で得た情報と心理テストの分析結果に基づいてさまざまなことが判断されます。 

身体的診断 

身体的診断では、染色体検査で遺伝学的に正常な女性あるいは男性であり、性別違和が染色体異常であるか否かが確認されます。 

そのほか、婦人科医や泌尿器科医による生殖器の状態の判断などもなされることがあります。 

治療の整合性 

精神的、身体的な診断が終了した後に第三者組織に身体治療の適否を判定してもらいます。 

精神科医による意見書、身体的診断をおこなう意思の診断書などを合わせて提出し、そこで身体治療が適切であると判断されたことで、はじめて身体治療を開始することが可能となります。 

さまざまな治療 

FtMの方が外科的な手術を望む場合、どのような治療などがおこなわれるのでしょうか。ここからは、身体治療の内容などをわかりやすくお伝えしていきたいと思います。 

ホルモン治療 

FtMの方の場合、男性ホルモン注射によって男性の体へと近づけようとする治療がおこなわれます。ホルモン療法によって月経の停止や体重の増加、脂肪の減少、声の変化、にきびなど身体の変化が出てくるようです。 

もちろん、これら身体の変化には個人差があります。 

乳腺摘出手術 

FtMの治療のひとつに、乳腺摘出手術があります。乳腺摘出手術は乳腺を摘出(乳房切断)する手術で、「胸オペ」などと言われることもあるようです。 

サイズや手術料金などは施術をおこなう病院などによって変化があるので注意しましょう。 

性別適合手術 

一般的にホルモン治療と乳腺摘出手術が終えられた後、性別適合手術の適否判定が申請されます。これが承認されることにより、性別適合手術を受けることが可能となります。 

性別適合手術では、子宮・卵巣摘出、膣粘膜切除、膣閉鎖、尿道延長術、陰茎形成術などがおこなわれますが、どの手術をのぞむかは個人によってそれぞれです。 

戸籍などを変えるために 

性別適合手術を終えた後、家庭裁判所にって性別変更の手続きを申請することで戸籍の性別や健康保険証の性別を変更することができます。 

ただし、数週間から数ヶ月かかるので提出したからすぐに新しい性別と認められるわけではありません。 

また、氏名変更申立書やGIDの診断書、戸籍謄本、住民票をふくめ、改名予定の名前の使用実績などに関連する資料などを家庭裁判所に提出することで、承認された場合改名をおこなうことも可能です。 

結果は申請した本人宛に郵送で送られてきます。 

FtMへの理解 

FtMなど、身体的性と性自認が一致していない方は少なくありません。そのため、FtMはもちろんこういった方々への理解がとても重要になってきます。 

これをきっかけに、FtMやそれに関連する手術や治療についても興味を持つようにしてみましょう。 

「自分らしく生きるプロジェクト」では、自分らしく生きる様々な人たちのインタビューやメッセージ・フレンドリーな企業・多様性なライフスタイルのコンテンツをご紹介しています。ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

https://jibun-rashiku.jp

Topics