COLUMN

MtF(エムティーエフ)とは?意味は?トランスジェンダーとの違いについても解説。

近年、人にはさまざまなセクシュアリティがあることに理解が進み始めています。 

そのためLGBTという言葉も少しずつですが認知度が高まってきています。さて、さまざなセクシュアリティがある中で、MtF(エムティーエフ)」という言葉にも注目が集まっています。 

ここではMtFの意味、トランスジェンダーとの違いについて考えます。 

セクシュアリティを決める要素について 

MtFを知る上で重要になってくるのが、セクシュアリティを決める要素についてです。まず、ここではセクシュアリティを決める要素について考えていきたいと思います。 

セクシュアリティを決める要素 

LGBTなど、さまざまなセクシュアリティを決めるには、ある一定の要素が必要になってきます。 

それが全てではありませんが、人それぞれのセクシュアリティを考える上では重要なポイントになっていくので押さえておきましょう。 

セクシュアリティを決める要素は大きくわけて4つあります。 

★身体的性 

★性自認 

★性的指向 

★性表現 

これらについてお伝えしていきます。 

身体的性 

身体的性とは、生まれながらに決められている性のことです。性腺、染色体、性ホルモン、内陰、外陰などで決められる生物学的な性のことです。 

性自認 

性自認とは、当事者が考えている自分自身の性のことです。自分のことを男性と自認している方であれば、性自認は男性ということになります。 

性的指向 

性的指向とは、どのような性に恋愛感情や性的感情を抱くのか、という要素になります。女性が好きという方は性的指向が女性に向いているということになります。 

性表現 

性表現とは、自らがどのような性を表現したいかという要素です。男性らしくありたいと思っている方が、男性らしいファッションや言動、言葉遣いをする場合は性表現が男性ということになります。 

MtFについて 

セクシュアリティを決める要素についてお伝えしてきました。ここからは、今回の主題であるMtFについて考えていきたいと思います。 

MtFとは? 

MtFとは、Male to Femaleを略した言葉で、“男性から女性へ”と訳されます。具体的には、「身体的性が男性でありながらも、女性として生きていくことを望んでいる方」で、それを叶えるために外科的な手術を望んでいるか終えた方に使われています。 

性的指向は関連しない 

MtFを考える時に重要になるのが、性的指向や性表現は関連しないという部分です。 

まず、MtFは生まれながらに決まっている性「身体的性」と自らが考える性「性自認」が一致していない方と定義されています。しかし、女性になりたいという思いがあったからといって性的指向が100%男性に向いているわけではありません。 

性的指向が女性であった、両性であったりそれは人それぞれです。また、女性になりたいと思っていることから性表現は女性らしい方が多いかもしれませんが、性表現は男性であったらMtFではない…ということではありません。 

MtFと一口にいっても、さまざまな方がいらっしゃるということは忘れないようにしましょう。 

トランスジェンダーとMtF  

MtFを話題に出した際、トランスジェンダーと比較される、または一緒だといわれることがあります。そもそもトランスジェンダーとはどういったセクシュアリティなのか考えていきます。 

トランスジェンダーとは? 

トランスジェンダーとは、身体的性と性自認が一致していないものの、外科的手術は望んでいないセクシュアリティです。LGBTの、Tに当たる言葉としても知られており、近年少しずつですが理解が進み始めていると考えられています。 

トランスジェンダーのひとつ? 

トランスジェンダーというセクシュアリティは、広義や狭義といったくくりで語られることがあります。トランスジェンダーは、やや複雑なセクシュアリティですので詳しく見ていきます。 

トランスジェンダーは総称という話 

トランスジェンダーは広義の意味と狭義の意味をもっています。 

★トランスヴェスタイト(TV) 

★トランスジェンダー(TG) 

★トランスセクシャル(TS) 

★性同一性障害(GID) 

★FtM 

★MtF 

★Xジェンダー 

MtFをふくめ、さまざまなセクシュアリティがありますが、これの総称をトランスジェンダーという方もいます。大変難しい部分ではありますが、狭義の中にもトランスジェンダーが存在しており、これがMtFとは違うという見方で捉えるべきかもしれません。 

MtFとの違い 

広義の意味では、MtFはトランスジェンダーでもありますが、その二つには決定的な違いがあります。 

まず、トランスジェンダーは身体的性と性自認が不一致ではあるものの外科的手術は望んでいないセクシュアリティ。 

MtFは、身体的性と性自認が不一致であり外科的手術を望んでいる、または終えているセクシュアリティというところです。性自認と身体的性を一致させたい、男性から女性になりたいと思っている方がMtFということです。 

MtXとは違う? 

さて、トランスジェンダーとMtFは狭義の意味では別のセクシュアリティとなりますが、似た言葉としてMtXというセクシュアリティも存在しています。このMtXMtFは何が違うのでしょうか。 

MtXとは? 

MtXの特徴は、最後の言葉にXという文字が入っているところです。 

MtXとは、じつはこのXという文字はXジェンダー」を指した言葉。つまり、男性から女性ということではなく、男性には違和感を持っているものの女性という性になりたいわけではない…というセクシュアリティがMtXなのです。 

Xジェンダーというセクシュアリティは、男性と女性という男女二元論に当てはまらない、違和感を感じているセクシュアリティ。 

MtFは、男性から女性になりたいという、「明確な性」があることから、MtXとは違うセクシュアリティと考えることができるのではないでしょうか。 

MtFの外科的手術ができる場所 

MtFは、前述したように男性から女性になるための外科的手術を受けたいと考えている方です。そのため、実際に外科的手術をおこなえる場所を探している方もいらっしゃるかもしれません。 

ここでは、MtFの外科的手術をおこなえるクリニックなどを紹介していきたいと思います。 

ドクターゴールドマンクリニック 

ドクターゴールドマンクリニックは、東京都品川区にある医院です。高額なイメージの外科的手術をリーズナブルな価格で提供することでも知られており、「適正料金での睾丸摘出術」をスローガンにあげている医院です。カードでの決済も可能となっています。 

東京ジェンダークリニック 

東京ジェンダークリニックは、東京都大森にある医院です。性別適合手術を専門としているめずらしいクリニックであり、完全予約制であることからプライバシーが守られている部分もポイントでしょう。 

花園医院 

花園医院は、女性ホルモン注射を扱っていることで知られており、さまざまな専門クリニックを紹介してくれる場所としても知られています。安心していろいろな相談をすることができる、信頼されているクリニックといえるでしょう。 

東梅田かなもりクリニック 

大阪、東梅田に位置している東梅田かなもりクリニック。ジェンダー外来が用意されており、ホルモン投与を土日祝日しているなど通いやすい部分が魅力です。 

MtFについて知る 

MtFは、トランスジェンダーと同じだと思われている部分もあるように、まだまだ広く知られていない部分も多いセクシュアリティです。これをきっかけに、MtFについて理解してみてはいかがでしょうか。 

「自分らしく生きるプロジェクト」では、自分らしく生きる様々な人たちのインタビューやメッセージ・フレンドリーな企業・多様性なライフスタイルのコンテンツをご紹介しています。ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

https://jibun-rashiku.jp

Topics